ゴルフの練習で何度も開眼しているのに、どうして上達しないのか?

ゴルフ、開眼

ゴルフの練習で、「これでスイングがわかった」「このスイングでボールが曲がらなくなった」など、開眼したことはありませんか?

それなのに、別の日にゴルフ練習をすると、同じスイングをしているつもりなのに、ボールが曲がったり、うまく打てなくなってしまう。

これの繰り返しで、なかなか上達しないのはなぜでしょうか?

 

なぜ開眼したのに上達しないのか?

ゴルフ雑誌を読んでいると、いろんなプロがテクニックや練習方法のアドバイスをしていると思います。

そのアドバイスのとおりにすると、そのときはうまくいく時がありますよね。

でもそのアドバイスというのは、

  • ゴルフの基礎を固めるためのアドバイス
  • ゴルフスイングの基礎ができているのが前提でステップアップのためのアドバイス

と、前提がいろいろと異なるため、いろんなアドバイスを聞いていると行き当たりばったりの練習になって、結局、身につかなくなるのです。

例えば、

  • ボディターンでスイングしましょう!
  • 体重移動をしっかりしましょう!
  • しっかり手打ちしましょう!

と、プロによってい言っていることが違いますが、どれかが間違っているわけではなく、それぞれのプロが子供の頃からの練習で覚えてきた「感覚」を伝えようとしているだけなんです。

当然プロの感覚は人それぞれ違うので、アドバイスの内容も様々なのです。

ですから、それらのアドバイスを闇雲に聞いても、その時々でやっていることが変わるため、体も覚えることができずに、上達できないのです。

 

どうしたら上達するのか?

「一生懸命練習しているのにどうして上達しないんだろう?」

この悩みを解決する方法は簡単です!

ゴルフスイングの基礎ができていないのであれば、まだゴルフ雑誌のプロのアドバイスは見てはいけません。

では、ゴルフスイングの基礎を固めるには、ゴルフレッスン書を読めばいいかというと、これも本によって書いてあることが違いますし、解説が曖昧なので、正しいスイングはほとんど身につかないと思います。

では、どうすればいいのか?

僕も同じ悩みをずっと抱えていました。

そこで、いろんなレッスン書に書かれている体の動作の共通点やポイントを整理し、

  • 「どういう動作を行えば正しいスイングができるのか」
  • 「正しいスイングをするためにどうしてこの動作をしなければならないのか」
  • 「何を意識して体を動かせばいいのか」
  • 「意識しなければならない動作は何か」
  • 「意識してはいけない動作は何か」

と、いろいろと試行錯誤してきた結果、シンプルで誰でもできるゴルフスイングの基礎ゴルフのスイングの基本!バックスイング~フィニッシュを解説!にまとめました。

ここに書かれているゴルフスイングの動作をひたすら繰り返して、体に覚え込ませれば、

正しいバックスイングの始動ができる

無意識に体重移動ができる(体重移動は意識して行ってはいけない!)

毎回安定した飛距離が出るスイングができる

上半身と下半身が同調したスイングができる

ようになりますよ!

よろしかったら、是非試してみて下さいね。

このブログでは明かすことができなかった、もっとシンプルで再現性が高いゴルフスイングをメルマガで公開中!

それを実践すると・・

● 1日10分の練習で3ヶ月でシングルレベルのゴルフスイングが身につきます

● 諦めていたスイングの悪い癖が直せます

そしてさらに・・

ゴルフが上達する過程で、ビジネスで活躍できる素養も身につきます!

その理由もメール講座で公開しています!

よろしかったらコチラをご覧ください↓↓

今すぐ無料メール講座に参加する



コメントを残す