ゴルフのグリップの基本と順序!右手と左手はどっちが先がいい?

ゴルフグリップ

ゴルフクラブのグリップ(握り方)には、いくつかのグリップの型がありますよね。

そして、それぞれのグリップの型でも、人によって微妙に違います。プロでもそうですね。

しかし、どのグリップの型でも覚えておくべき右手と左手の重要なポイントがあるんです!

そのことについて解説してきますね。

また、グリップの順序について、右手と左手のどちらを先に握るのがいいのかも解説しますね。

 

グリップの型

グリップの型には、大きくわけて次の3つがあります。

  1. オーバーラッピンググリップ
  2. インターロッキンググリップ
  3. ベースボールグリップ
ゴルフグリップの型

この中で、ほとんどのゴルファーが1か2のグリップの型ですね。

どれを選ぶかはゴルファーの好みでいいと思いますが、選ぶ基準としては、以下を参考にしてみてはいかがでしょうか。

  • 一番グリップが安定する
  • フィット感がある
  • フィーリングがあう
  • 違和感がない

僕は、1と2をいろいろ試していますが、今はずっと1のオーバーラッピンググリップが一番しっくりきています。

このあたりはフィーリングで選んでいいと思います。

ちなみに、今、世界でも活躍しているプロゴルファーの松山秀樹さんは、インターロッキンググリップなんですが、その理由は一番グリップが安定しているからなんだそうです。

もし、あなたが松山秀樹さんに憧れているのであれば、マネをしてインターロッキンググリップにするのもいいと思いますよ!!

 

グリップを握るときの右手と左手の順序とポイント

グリップの型は好みだと思うんですが、グリップを握るときは、いくつかの重要ポイントがあります!

ゴルフレッスン書やゴルフ雑誌では、グリップの握り方の詳細な説明がなく、曖昧な所があり、シックリこないまま、いろんなグリップを試してきました。

アドレスに入るときのグリップの順序についても、プロゴルフツアーのテレビ中継を見ながらいろんなプロをマネをしていました。

そして、いろいろと試した結果、グリップの順序やシックリくるグリップができるようになり、やっと重要なポイントがわかりました。

グリップには順序と握るときの重要なポイントがあるんです!

今から説明することだけ守れば、あとは、あなたのフィーリングで全く問題ありませんので、重要ポイントだけ押さえて、繰り返し練習してください。

それでは詳しく説明していきましょう!

 

左手と右手のグリップの順序

プロゴルフツアーのテレビ放送を見ていると、アドレスに入るとき、右手からグリップした後に左手をグリップするのをよく見かけませんか?

でも中には、左手からグリップした後に右手をグリップするプロもいます。

では、あなたは、どちらの手を先にグリップすると、毎回、同じように安定したグリップをすることができるようになると思いますか?

毎日練習できないアマチュアのあなたがするべき順番は、左手からグリップすることです!

それは、左手のグリップの安定が最も重要だからです。

次に説明する、左手と右手のグリップの仕方とポイントを見て実際にグリップしてみると、その意味がよくわかると思います。

それでは、次に進みましょう。

 

左手グリップと重要ポイント

まず先にグリップする左手グリップの仕方と重要なポイントは4つあります。

  1. 左手はパームグリップで握る。(写真1)
  2. 左手中指と薬指と手のひらの赤◯部だけでクラブを支えられるようにグリップを優しく握る。(写真2、3)
  3. 2のとき、手のひらの赤◯部で引っ掛けるように固定する。(写真2、3、4)
  4. 左手片手だけでクラブを握っても安定する位置で握る。(写真2、4)
  5. 親指がグリップの真上(グリップの文字の延長線上)のスクエアグリップで握る(写真5)

 

左手パームグリップ

写真1 パームグリップ

写真2

写真2

グリップ

写真3

写真4

写真4

ゴルフグリップ、左手

写真5 左手スクエアグリップ

3.のように正しいグリップをしていれば、時間が経つと、写真3の◯部は豆ができたように皮膚が固くなってくると思います。

 

右手のグリップと重要ポイント

それでは、左手のグリップが完了したら、次に右手をグリップしていきましょう!

まずは写真6をご覧ください。

右手グリップ

写真6 右手フィンガーグリップ

グリップ、両手、スクエアグリップ

写真7 スクエアグリップ

右手グリップの仕方と重要なポイントは、先にグリップした左手の写真5の状態から、写真6のように右手をグリップの下から支えるように添えながら、写真7のようにグリップを優しく包み込むように握ることです。

右手はいわゆるフィンガーグリップになります。

そして、右手もスクエアグリップで握ります!

このグリップをするためには、重要なので何度も言いますが、左手を先にグリップし、その後に右手をグリップした方が安定して同じグリップができますよ!

右手と左手は一体感がありますか?

このフィーリングを感じましょう!

 

ゴルフグリップの最終チェックポイント

写真7は両手のグリップが完成した状態です。

ここで、正しくグリップできているか最終チェックするポイントは5つあります。

  1. 両手の親指と人差し指の間は締まっていますか?(写真5)
  2. 左手の親指はグリップの真上の位置(写真5)=スクエアグリップですか?
  3. 右手の親指と人差し指の間は締まっていますか?(写真7)
  4. 右手の親指と人差し指を締めたラインは顎の方向(写真7)=スクエアグリップですか?

グリップは両手ともスクエアグリップで握ることがとても重要です!

グリップはスクエアグリップがいい理由については、また別の機会にお話しますね。

 

さあ、これでグリップは完璧です!!

 

ゴルフグリップを握る強さについては、ショットをする状況によって違います。これについては、ゴルフクラブのグリップの強さはどれくらいの力で握ったらいいの?で詳しく解説していますので、よろしかったら参考にご覧くださいね。

このブログでは明かすことができなかった、もっとシンプルで再現性が高いゴルフスイングをメルマガで公開中!

それを実践すると・・

● 1日10分の練習で3ヶ月でシングルレベルのゴルフスイングが身につきます

● 諦めていたスイングの悪い癖が直せます

そしてさらに・・

ゴルフが上達する過程で、ビジネスで活躍できる素養も身につきます!

その理由もメール講座で公開しています!

よろしかったらコチラをご覧ください↓↓

今すぐ無料メール講座に参加する



コメントを残す