ゴルフスイングで「頭を動かさない」ように意識することは必要か?

ゴルフスイング

ゴルフレッスンでよく言われるのが

「バックスイングからインパクトまではできるだけ頭を動かしてはいけません!」

とか

「バックスイングからインパクトまでは頭を動かさないように意識してスイングしましょう!」

という言葉です。

そして、そのレッスン通りに頭を動かさないように意識しているのに、なぜかうまく打てません。

では、どうしたらうまく打てるようになるのでしょうか?

そのことについてお話していきましょう。

 

頭を動かさないように意識しているのになぜうまく打てないのか?

そもそも、

「バックスイングからインパクトまではゴルフスイングでは頭を動かさないように意識しましょう」

と言われている理由はなんでしょうか?

 

止まっているゴルフボールを打つためには、体の軸がブレないようにする必要があります。

そのためには、頭を動かさないように意識する方がいいと言われているのです。

 

『頭が動くと体の軸がブレるため、止まっているゴルフボールにうまく当たらなくなる』

という考えです。

 

確かに、この考え方自体は間違いではありません。

 

では、どうして、頭を動かさないように意識してもボールをうまく打てないのでしょうか?

 

その理由は、

実際には、頭を動かさないように意識してスイングすると、

本来、動かさなければならない体の部位が正しく動かなくなるからです。

その結果、正しいスイングができなくなってしまうのです。

 

それに、

止まっているボールを打つためには、

体を動かしてスイングしなければならない中で、

頭だけを動かさないようにするのはとても難しいことなのです。

 

では、どうしたらいいのでしょうか?

 

バックスイングからインパクトでは頭が動いていい!

プロゴルファーは頭を動かさずに打っているでしょうか?

そんなことはありません。

 

ダウンスイングからインパクトにかけては

極端に大きくは動いていませんが、

「ビハインド・ザ・ボール」

と言われるぐらい、頭が後ろに動いています。

 

では、プロゴルファーは意識して頭を動かしているのでしょうか?

どうもプロゴルファー意識して頭を動かしていないようです。

 

だから、ほとんどのゴルフレッスン書では、

「頭を動かすな!」

と言っているのです。

 

では、アマチュアゴルファーはどうでしょうか?

 

アマチュアゴルファーは意識して頭を動かした方がうまく打てる!

プロゴルファーは、子供の頃から時間をかけて練習していく中で、無意識に頭が正しく動くスイングを身につけているようです。

では、アマチュアゴルファーはどうでしょうか?

 

仕事が忙しく、ゴルフの練習時間が短い、我々アマチュアゴルファーは、意識して頭を動かした方がうまく打てるようになるのです。

 

それには、正しい頭の動かし方があります。

意識して正しく頭を動かせば、ナイスショットのスイングができるようになるのです

では、正しい頭の動かし方とは、どのような動かし方なのでしょうか?

 

ナイスショットが打てる正しい頭の動かし方とは?

ナイスショットが打てるようになる正しい頭の動かし方には、大きく分類すると2種類あります。

その2種類の頭の動かし方とは、

  1. 体全体のスイングの基本動作が身についていない初心者や初級者向け
  2. 体全体のスイングの基本動作が身についている中級者や上級者向け

の2段階に分けています。

 

なぜ、2段階あるのかというと、

体全体のスイングの基本動作が身についていない方がいきなり『中級者や上級者向け』の正しい頭の動かし方をすると、体が思うように動かず、体の軸がブレてしまい、うまくボールが打てないからです。

 

ゴルフに限らずどんなスポーツも基本が大事なのは同じです。

基本動作を身につけないと、上のレベルに行くのは困難になります。

基本動作を身につければ、上のレベルに必要な体の動かし方がスムーズにできるようになります。

基本動作を身につけた中級者や上級者のようにスイングでの体の軸がしっかりできている方は、『中級者や上級者向け』の正しい頭の動かし方を身につけることで、もっとナイスショットの確率を高めることができ、更なるスコアアップが期待できるのです。

中級者や上級者向け』の正しい頭の動かし方については、別の機会にお話します。

ここでは、1の『初心者や初級者向け』の頭の動かし方について解説していきます。

 

スイング軸を作るためには頭を動かす必要がある!

プロゴルファーのように子供の頃からスイング動作を身につけている方は、実は、無意識に頭を動かすことで、スイング軸を作っています

では、大人になってゴルフを始めたアマチュアゴルファーは、スイング軸を作るためにどうすればいいのか?

それは、頭を意識して動かすのです!

 

どのようにして頭を意識して動かせばいいのか?

では、どのようにして頭を意識して動かせばいいのでしょうか?

それについては、最新・ゴルフスイング!シンプルで再現性が高い体幹部分の基本動作でお話した、『体の入れ替え動作』を行えばいいのです。

詳しくは、最新・ゴルフスイング!シンプルで再現性が高い体幹部分の基本動作を見ていただきたいのですが、簡単に解説すると、

アドレスの状態から、

右利きの方は、バックスイングでは、

  • 丹田(おへその下腹部)を右方向(ターゲットと逆向き)に動かす
  • それと同時に頭(顔)を左方向(ターゲットと同じ向き)に動かす

のです。

ダウンスイングでは、それと逆向きの動作で、

  • 丹田(おへその下腹部)を左方向(ターゲットと同じ向き)に動かす
  • それと同時に頭(顔)を右方向(ターゲットと逆向き)に動かす

のです。

左利きの方は、これらを逆向きに行ってください。

 

この一連の動作をゆっくりでいいので、連続して行ってみてください。

体のセンターに軸ができる感覚が掴めると思います。

 

そして、

できればその姿を鏡で見てみてください

自分では、頭を左右に動かしているつもりでも、

実際には頭が左右にほとんど動いていないのがわかります。

 

この『体の入れ替え動作』については、

メール講座最短で100を切るためのゴルフスイングマスター講座でもっと詳しく解説しています。

無料の講座ですので、よろしかったら登録してくださいね。

 

まとめ

今回のまとめです。

  • アマチュアゴルファーは、意識して頭を動かした方がいい
  • 意識して頭を動かす方法は『体の入れ替え動作』を行うこと

以上です。

 

  • なかなかボールにうまく当たらない
  • ミート率が低い
  • ナイスショットが続かない

などのお悩みの方はぜひ試してみてくださいね!

このブログでは明かすことができなかった、もっとシンプルで再現性が高いゴルフスイングをメルマガで公開中!

それを実践すると・・

● 1日10分の練習で3ヶ月でシングルレベルのゴルフスイングが身につきます

● 諦めていたスイングの悪い癖が直せます

そしてさらに・・

ゴルフが上達する過程で、ビジネスで活躍できる素養も身につきます!

その理由もメール講座で公開しています!

よろしかったらコチラをご覧ください↓↓

今すぐ無料メール講座に参加する



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください