ゴルフのバックスイングで右足股関節に体重をのせる方法!コツは?

ゴルフバックスイング

ゴルフのバックスイングをするときに、「右足股関節に体重をのせましょう!」とよく言われますが、どのようにバックスイングをすればいいのでしょうか?

コツはなんでしょうか?

具体的に解説していきますね!

 

右足股関節に体重を乗せる方法は?

ゴルフレッスン書やゴルフ雑誌には、

「右足股関節に体重を乗せましょう

とよく書かれていますね。

そして、コツとして、

「右足股関節前面を真後ろに押し込みましょう」

とか

「お尻の右側を後ろに下げましょう」

など、いろんなプロゴルファーがいろんなことを言っています。

これらのアドバイスは、いろんなプロゴルファーが、意識していることをそれぞれ言っているだけなので、いろんな表現がありますが、どれも根本的な動作のことを伝えていません。

僕も、いろんなレッスン書や雑誌を読んで試してきましたが、その部分はうまくできても、全体のスイングとの繋がりがわからないので、これだけでは、ナイスショットは打てません。

確かにバックスイング時に右股関節に体重がのることは大事なんですが、意識してのせるものではないんです。

では、どうすれば良いのでしょうか?

ゴルフスイングの基本!テイクバックの始動方法!2つの動作とは?で説明した

おへそを右足親指の付け根に向けて動かすと同時に、顎を左足親指の付け根に向ける

ことをするだけで、無意識に右足股関節に体重を乗せることができるんです!

この動作は『入れ替え動作』と呼ばれる動作の一部です。

この『入れ替え動作』はとても重要で、いろんなところで出てきますので、覚えておいてくださいね。

この動作の補足をすると、アドレスでは両足親指の付け根に体重をのせているので、体重をのせているポイントに向けるイメージで動作を行います!

他に意識してすることはありません。

なぜそうするのかは、ゴルフスイングの基本!テイクバックの始動方法!2つの動作とは?をご覧いただくとよく分かると思います。

ゴルフは意識することをできるだけ少なくし、単純にした方がショットが安定するし、ゴルフ場のコースでも、再現性が高いナイスショットが打てるようになります!

 

スイング始動時にこれをするとショットが安定する!

スイング始動時に、『おへそを右足親指の付け根に向けて動かすと同時に、顎を左足親指の付け根に向ける』と、スムーズにバックスイングができるだけでなく、ショットが安定するメリットもあるんです。

意識する動作が少なくて単純なので、再現性が高いスイングができるようになるんです!

 

ゴルフのスイングの難しいところは、毎回同じ動作ができていないと、ナイスショットが安定して打てないところです。

ゴルフは確率のスポーツと言われています。

ナイスショットの確率を上げるためには、再現性の高い動作を身につける必要があります。

ゴルフ雑誌やゴルフレッスン本を参考にしながら、スイングを身につけるときは、

「この方法は、安定した再現性の高いスイングができる方法か?」

を常に意識しながら練習しましょう!

 

まとめ

基本のアドレスの状態から、

おへそを右足親指の付け根に向けて動かすと同時に、顎を左足親指の付け根に向ける!

これをイメージして始動するだけで、簡単に右足股関節に体重を乗せることができ、さらに、安定したショットができるようになりますよ!

一度試してみてはいかがでしょうか!

このブログでは明かすことができなかった、もっとシンプルで再現性が高いゴルフスイングをメルマガで公開中!

それを実践すると・・

● 1日10分の練習で3ヶ月でシングルレベルのゴルフスイングが身につきます

● 諦めていたスイングの悪い癖が直せます

そしてさらに・・

ゴルフが上達する過程で、ビジネスで活躍できる素養も身につきます!

その理由もメール講座で公開しています!

よろしかったらコチラをご覧ください↓↓

今すぐ無料メール講座に参加する



コメントを残す