ゴルフのバックスイングではグリップを緩めてはいけない理由は?

ゴルフレッスン書で、ゴルフのグリップを解説する時に「グリップはできるだけ緩く握りましょう」と解説しているのをよく見かけます。

確かに、強く握り過ぎてもダメなのですが、緩く握りすぎてもダメなのです。

特に、バックスイングの時です。

その理由について解説していきます。

また、グリップを強く握り過ぎずに、そして緩めずにスイングする方法について解説していきます。

 

ゴルフのバックスイングでグリップを緩く握ってはいけない理由

ゴルフのバックスイングの時に、なぜグリップを緩く握ってはいけないのでしょうか。

 

その理由は、バックスイング終了後のトップから切り返しの時にオーバースイングになってしまうからなのです。

オーバースイングになると、ゴルフスイングが不安定になり、ミスショットの原因にもなってしまいます

オーバースイングの原因については、ゴルフでオーバースイングの原因は?すぐ簡単に防止・矯正する方法でも解説していますので、よろしかったらご覧ください。

 

そして、もうひとつ理由があります。

それは、トップから切り返しの時に、シャフトのしなりを使えなくなってしまうからなのです。

シャフトのしなりをうまく使えないということは、ヘッドスピードに影響し、飛距離が出なくなってしまうのです

 

では、どのようにすれば、グリップを強く握り過ぎずに、そして緩めずにスイングすることができるのか、について解説していきましょう。

 

グリップを緩めずにスイングする方法

オーバースイングを防ぐには、ゴルフでオーバースイングの原因は?すぐ簡単に防止・矯正する方法で解説している方法に加え、左手のグリップを緩めないことが重要になります。

そのために必要な動作とは、バックスイングの時に、左手小指を拇指球側に巻き込む動作を行うことです。

この動作を行うと、バックスイング終了後のトップで、左手首の甲側がやや盛り上がるような状態(左手首の甲と反対側にやや折れ曲がった状態)になります。

下の画像のように、プロゴルファーのダスティン・ジョンソンのようなトップができます。

ゴルフ、スイング、トップ

 

この画像を見ると、クラブシャフトが水平より下がった状態になっており、オーバースイングのように見えるかもしれませんが、グリップと左手の小指側に隙間ができずにグリップと左手がしっかり密着しており、ジャスティンジョンソンの場合は、体の柔軟性が高い結果なので、問題ないトップです。

悪いオーバースイングは、トップの時にグリップと左手の小指側に隙間ができている状態の時です。

 

この『バックスイングの時に、左手小指を拇指球側に巻き込む動作』を、ゴルフでオーバースイングの原因は?すぐ簡単に防止・矯正する方法で解説している『バックスイングの時に、左手つけ根を外旋させる動作』と同時に行うのです。

 

解説は以上です。

今までやったことがない動作なので、初めは違和感があるかもしれませんが、慣れてしまえば簡単です。

 

この動作を身に着けると、飛距離もアップしますよ!

このブログでは明かすことができなかった、もっとシンプルで再現性が高いゴルフスイングをメルマガで公開中!

それを実践すると・・

● 1日10分の練習で3ヶ月でシングルレベルのゴルフスイングが身につきます

● 諦めていたスイングの悪い癖が直せます

そしてさらに・・

ゴルフが上達する過程で、ビジネスで活躍できる素養も身につきます!

その理由もメール講座で公開しています!

よろしかったらコチラをご覧ください↓↓

今すぐ無料メール講座に参加する



コメントを残す