ゴルフのアプローチショットで簡単に安定してピンに寄せる方法!

ゴルフ、グリーン周りアプローチ

ゴルフのアプローチショットで、チョロやトップでグリーン周りを行ったりきたりして、悩んでいませんか?

グリーン周りの30Y以下のアプローチショットでは、いかに単純な打ち方でミスを最小限にするかが重要になります。

難しい打ち方で寄せる必要はありません。

グリーン周りの30Y以下のアプローチで、簡単に安定して1パット圏内に寄せることができるアプローチショットを打つ方法をお伝えします!

 

アプローチショットでは下半身を使う必要があるのか?

グリーン周りの30Y以下のアプローチで、あなたは下半身を使ってアプローチショットを打っていませんか?

ゴルフ雑誌やゴルフレッスン書の中には、「アプローチショットでも下半身を使って打とう!」と書かれているものがあるので、下半身を使っているかもしれません。

でも考えてみてください。

何のために下半身を使う必要があるのか?

下半身を使う必要があるのは、上半身を使うだけでは届かない距離を打つ時です。

30Y以上のアプローチでは、下半身を使わないと届かないから、下半身を使うのです。

30Y以下のアプローチでは、上半身を使うだけで十分に届きます。

ゴルフでは、以下にミスを減らすかが、スコアアップのコツです。

ミスを減らすためには、動きをシンプルにする必要があります。

下半身を使うよりは使わないほうが、動きがシンプルですよね!

 

30Y以下のアプローチショットを打つ方法

では、30Y以下のアプローチショットはどのようにして打てばいいのでしょうか。

それについては、ゴルフのアプローチ!30Y以下で下半身を使わずに打つ方法!で解説していますのでこちらを御覧くださいね。

 

30Y以下のアプローチショットで重要なこと

30Y以下のアプローチショットで重要なことは、落とし場所を決めて、そこまでの弾道をイメージして打つことです。

このイメージは、強くイメージすればするほど成功する確率が高くなりますので、日頃の練習場での練習からしっかりイメージトレーニングをしましょう!

このブログでは明かすことができなかった、もっとシンプルで再現性が高いゴルフスイングをメルマガで公開中!

それを実践すると・・

● 1日10分の練習で3ヶ月でシングルレベルのゴルフスイングが身につきます

● 諦めていたスイングの悪い癖が直せます

そしてさらに・・

ゴルフが上達する過程で、ビジネスで活躍できる素養も身につきます!

その理由もメール講座で公開しています!

よろしかったらコチラをご覧ください↓↓

今すぐ無料メール講座に参加する



コメントを残す