ゴルフのアドレス時の体重はつま先側とかかと側のどっちがいいの?

ゴルフ、アドレス

いろんなゴルフレッスン書を読むと、

「アドレスでは、つま先側に体重をかけましょう」

「アドレスでは、拇指球に体重をかけましょう」

「アドレスでは、かかと側に体重をかけましょう」

など、本によって様々です。

 

では、どれが正しいのか?

このことについて、話をしていきますね。

 

 

アドレスでの体重のかけ方に決まりはあるのか?

まず、はじめに話した疑問の答えですが、答えは「どれも正しい」です。

 

「えー!それじゃあ、アドレスでの体重のかけ方はどうでもいいの?」

 

それは、違います。

 

アドレスでの体重のかけ方で最も重要なのは、

一番バランスがとれる構え(アドレス)をすることなのです。

 

アドレスで構えた時に、前から押されても、後ろから押されても

バランスが崩れにくい構えが一番いいのです。

 

もう少し、具体的に説明していきましょう。

 

 

フラットなライでのアドレスの体重のかけ方

普段、地面が平らな所では、どこに体重をのせて立っていますか?

普段、意識はしていないと思いますが、

足の裏全体ですよね。

あえていうと、土踏まずのあたりでしょうか。

 

 

では、ゴルフの場合はどうでしょうか?

 

ゴルフのアドレスでは、上半身がやや前傾姿勢になるため、

「自然とつま先側に体重がかかる」と感じているかもしれません。

 

「いや、上半身の前傾姿勢のバランスを保つために、かかと側に体重をかけた方がいい」

と考える方もいるかもしれません。

 

実際、プロゴルファーは「つま先側」「土踏まず」「かかと側」のどのタイプもいるのです。

その理由は、子供の頃から長い年月をかけて身につけてきた「自分に合うアドレス」があるのです。

 

では、「まだ自分に合うアドレスが見つかっていない」アマチュアゴルファーは、

どれがいいのでしょうか。

 

その答えは、「足の裏全体に均等に体重をかける」です。

 

その理由について説明します。

つま先上がりのライで、バランスよく立つには、どうしてもかかと側に体重がかかります

つま先下がりのライで、バランスよく立つには、どうしてもつま先側体重がかかります

 

だとしたら、どちらでもないフラットなライでは、かかと側でもつま先側でもない、

「足の裏全体に均等に体重をかける」が自然で、一番バランスがいいのではないでしょうか。

 

ただし、

「足の裏全体に均等に体重をかける」では、ボヤッとしているので、

実際にアドレスしたときに、つま先側か、かかと側のどちらかに偏ってしまう可能性があります。

 

そこで、

アドレスで「足の裏全体に均等に体重をかける」ために、

実際にアドレスするときの意識としては、

下の図のように、両足の中指とかかとの4点に体重をかけるようにするのがコツになります。

アドレス体重配分

 

「両足つま先」「両足土踏まず」「両足かかと」のいずれかの2点で支えるよりも、

両足の中指とかかとの4点で支える方が、安定しますよね。

 

では、

つま先側は、なぜ「親指」や「拇指球」ではなく「中指」がいいのか?

 

足の「中指」と「かかと」を結んだラインは、足の裏のセンターラインになります。

このセンターラインで体を支えるのが、一番安定するのです。

 

ゴルフスイングするときは、体が左右に移動します。

この時、足の裏のセンターラインで体を支えている時が、最も左右のブレ幅が抑えられるのです。

 

支える指を「中指」以外で試してみてください。

違いがわかると思います。

 

 

つま先上がりのライでのアドレスの体重のかけ方

では、前方が上りの斜面に立ったときの、つま先上がりのライでは、どのような意識でアドレスをするといいのでしょうか。

その答えは、『両足の中指とかかとの4点で支える意識でアドレスする』です。

 

その意識でアドレスをした結果、かかと側に体重がかかるだけです。

 

勝手にかかと側に体重がかかるのですから、意識してかかと側に体重をかける必要はありません。

 

先程も話しましたが、アドレスで最も重要なのは、一番バランスがとれる構え(アドレス)をすることなのです

 

 

つま先下がりのライでのアドレスの体重のかけ方

では、前方が下りの斜面に立ったときの、つま先下がりのライでは、どのような意識でアドレスをするといいのでしょうか。

これも、つま先上がりのライでのアドレスの体重のかけ方と同じで、『両足の中指とかかとの4点で支える意識でアドレスする』です。

 

その意識でアドレスをした結果、つま先側に体重がかかるだけです。

 

勝手にかかと側に体重がかかるのですから、意識してつま先側に体重をかける必要はありません。

 

 

まとめ

アドレスで最も重要なのは、一番バランスがとれる構え(アドレス)をすることです

どんなライでも、『両足の中指とかかとの4点で支える意識でアドレスする』ことを常に意識しましょう。

 

ゴルフでは、

意識する(考える)ことをできるだけ少なくし、シンプルにする

ことが、上達を速くし、スコアを縮めるコツです!

このブログでは明かすことができなかった、もっとシンプルで再現性が高いゴルフスイングをメルマガで公開中!

それを実践すると・・

● 1日10分の練習で3ヶ月でシングルレベルのゴルフスイングが身につきます

● 諦めていたスイングの悪い癖が直せます

そしてさらに・・

ゴルフが上達する過程で、ビジネスで活躍できる素養も身につきます!

その理由もメール講座で公開しています!

よろしかったらコチラをご覧ください↓↓

今すぐ無料メール講座に参加する



コメントを残す