必見!ゴルフ初心者がコースデビューでやるべき必要な準備と心構え

ゴルフ、初心者、コースデビュー、準備、心構え

「ゴルフの初心者で、初めてコースに出るんだけど、何を準備したらいいんだろう?」

「何ができればいんだろう?」

「何を知っていなけらばならないんだろう?」

そんな心配をしていませんか?

いろんな心配があると思いますが、必要な準備と心構えをお伝えしましょう!

これを読めば、コースに出る時の不安はなくなりますよ!

 

ゴルフコースに出るために知っておくべきこと

まず初めに、ゴルフコースに出て困らないために知っておくべきことをお伝えしましょう。

それは、

  • ゴルフコースのホールの基本構成
  • ゴルフの基本ルール
  • ゴルフの基本マナー
  • ゴルフ場(ロビー)やコースでの服装

です。

これらについて、お伝えしていきましょう。

 

ゴルフコースのホールの基本構成

コースに出てプレーをするとき、18ホールを回るのが基本です。

そして、「18ホールでパー72」という設定が一番多いです。

たまに、ゴルフ場によってパー71とかパー70とかありますが、基本は「18ホールでパー72」と覚えておきましょう。

各ホールの構成で一番多いのは、

  • ロングホール(パー5):4ホール
  • ミドルホール(パー4):10ホール
  • ショートホール(パー3):4ホール

で、合計18ホールです。

例えば、ロングホールのパー5であれば、5打でホールアウトすれば、そのホールは『パー』ということになります。

    • 2打(パーより3打少ない)の場合は『アルバトロス』
    • 3打(パーより2打少ない)の場合は『イーグル』
    • 4打(パーより1打少ない)の場合は『バーディ』
    • 6打(パーより1打多い)の場合は『ボギー』
    • 7打(パーより2打多い)の場合は『ダブルボギー(ダボ)』
    • 8打(パーより3打多い)の場合は『トリプルボギー(トリ)』
    • 10打(パーより5打多い=パーの2倍)の場合は『ダブルパー』

このゴルフコース場合、

  • パー5×4ホール=20打でパー
  • パー4×10ホール=40打でパー
  • パー3×4ホール=12打でパー

で合計72打でホールアウトすればパープレイになります。

 

ゴルフの基本ルール

ゴルフのルールはいろいろとありますが、最低限覚えておくべきことをお伝えします。

  • ゴルフクラブは、ドライバーからパターまで合わせて14本以内である。
  • コースで打つ順番は、以下のとおりである。
    • スタートホールの1打目は、順番を決めるクジを引き、その順番に打つ。
    • それ以外のホールの1打目は、前のホールで打った数が少ない順番に打つ。
    • (打数が同じ場合は、さらにその前のホールにさかのぼる。)
    • 2打目以降は、ピンから一番ボールが遠い順番に打つ
  • バンカーにボールが入ったボールを打つ場合、打つ前にクラブヘッドを地面(砂)につけてはいけない。
  • 打とうとして空振りしたときは、それも1打に数える。

 

ゴルフは、基本的にすべて自己申告ですので、正直に打数を数えましょう。

その他、OBゾーンに打ったり、ペナルティエリアに打ったり、ボールが見つからない(ロストボール)場合など、いろんなルールがありますが、その時は恥ずかしがらずに、同伴者にその場で聞きましょう。

 

ゴルフの基本マナー

ゴルフのマナーにもいろいろとありますが、最低限のマナーを覚えておきましょう。

  • ショットをする時は静かにする。
  • 打つ人のターゲット後方に立たない。(打つ人の視界に入らないようにする)
  • 自分が打ったグリーン上のディボットは直す。(自分が打ったボール以外も気づいたら直しましょう)

だいたい、これぐらい終えておけば大丈夫です。

ゴルフは紳士のスポーツとも呼ばれています。

基本的なマナーは守りましょう。

その他に、わからないことがあれば、遠慮せずに一緒にプレーしている同伴の方に聞きましょう。

そういったコミュニケーションも大事ですよ!

 

ゴルフ場(ロビー)やコースでの服装

ゴルフ場のロビーやフロントでは、以前はブレザーやジャケット着用が基本でしたが、今はそこまで厳格にはなっていません。ラフになりすぎない、常識の範囲での服装であれば、問題ありません。

ただし、名門と呼ばれているゴルフ場では、厳しい場合がありますので、同伴の方に事前に聞いておきましょう。

ゴルフコースでの服装についての基本は、

  • 襟付きのシャツ(ポロシャツなど)を着る
  • シャツの裾はズボンの中に入れる
  • ズボンはスラックスやチノパンをはく(ジーンズはダメ)
  • 帽子またはサンバイザーを着用する
  • 短パンを履く場合は、ハイソックを着用する

これらは、最低限守りましょう。

 

ゴルフコースに初めて出るまでにやっておくべきこと

それでは、ゴルフコースに初めて出るまでにやっておきたいことについて、お伝えしておきます。

 

ゴルフ道具を揃える

ゴルフ道具を揃えないと始まりませんよね。

  • キャディバッグ(ゴルフクラブを入れるケース)
  • ゴルフクラブ
  • ゴルフボール
  • ティペグ(ロングティ、ショートティ)
  • グローブ
  • ゴルフシューズ
  • シューズケース
  • ボストンバッグ(着替えやシューズケースが入る大きさ)
  • レインウェア(雨の日に備えて)

ちなみに、傘はゴルフ場で貸してくれますので、買わなくても大丈夫です。

僕も持っていません。

 

ゴルフコースに出るまでにやっておくべき最低限の練習

初めてゴルフコースに出るためには、ドライバーやアイアン、アプローチ、パターなどいろいろといっぱい練習することがあって、何を練習したらいいのかわかりませんよね。

確かに、ゴルフコースではゴルフクラブを14本まで入れることができ、14本使うことができます

しかし、これは使うことができるクラブの数であって、「使わなければならない」クラブの数ではありません。

当たり前のことを言っているようですが、このことをなかなか認識できていないのです。

極端な話、ドライバーは使わなくてもいいんです。

「でも、せっかくゴルフコースに出るんだから、ドライバーは打ちたい!」と思う気持ちもわかります。

だから、ドライバーは使っていいと思います。

でも、ドライバーばかり練習するのは辞めましょう。

その理由は、ゴルフスイングの基礎ができていない初心者が、ドライバーばかり練習すると、変なスイングフォームになってしまう可能性があるからです。

では、何を練習したらいいんでしょうか?

それは、

  • 7番アイアン(ショット)
  • サンドウェッジ(アプローチ)
  • パター

です。

「これだけ?」と思われたかもしれませんが、ショットに関しては、7番アイアンだけで大丈夫です。

ゴルフ初心者がコースでスコアを縮める簡単なコースマネジメント!でもお伝えしていますが、これで、ダブルボギーペースのスコア108が十分に狙えますよ!

ちなみに、7番アイアンが安定して打てるようになれば、ドライバーもそこそこ打てるようになりますので、ドライバーは基本的に練習しなくて大丈夫です。

ドライバーを練習するのであれば、7番アイアン10球打つのに対し、ドライバー1球の割合で練習してください。

アプローチの練習のために、サンドウェッジを練習しましょう。

アプローチでは、フルスイングしませんので、10~50Yを10Y刻みで打つ練習をしましょう。

そして、パターについては、全てのホールで使うクラブですので、必ず練習しましょう。

自宅にパターマットがなくても大丈夫です。

絨毯がある部屋で、ターゲットの何か決めて練習しましょう。

これらの練習で一番重要なことは慣れることです。

練習場での7Iとアプローチの詳しい練習方法は、以下の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

ゴルフで最重要のインパクトゾーン!スイング方法と練習方法を解説

ゴルフのビジネスゾーンとは?ゴルフスイングの基礎を固める方法!

ゴルフのアプローチショットで簡単に安定してピンに寄せる方法!

ゴルフの30Y以下の正確なアプローチショット!構え方と打ち方!

ゴルフのスイングの基本!バックスイング~フィニッシュを解説!

このブログでは明かすことができなかった、もっとシンプルで再現性が高いゴルフスイングをメルマガで公開中!

それを実践すると・・

● 1日10分の練習で3ヶ月でシングルレベルのゴルフスイングが身につきます

● 諦めていたスイングの悪い癖が直せます

そしてさらに・・

ゴルフが上達する過程で、ビジネスで活躍できる素養も身につきます!

その理由もメール講座で公開しています!

よろしかったらコチラをご覧ください↓↓

今すぐ無料メール講座に参加する



コメントを残す