ゴルフのアドレスでボールとの距離を毎回一定(同じ)にする方法

ゴルフアドレス

ゴルフのアドレスで、ボールとの距離を毎回一定(同じ)にすることはとても重要です。

ボールとの距離が毎回違うと、ミスショットの確率が高くなってしまうのです。

逆に、ボールとの距離を毎回一定(同じ)にすると、ナイスショットの確率が上がるのです。

 

では、どうしらアドレスでのボールとの距離毎回一定(同じ)にすることができるのでしょうか。

このことについて、市販のゴルフレッスン書で解説されているものがなかなか見つかりません。

 

でも実は、誰でも簡単にできる方法があるのです。

その方法について、解説していきましょう。

 

アドレスでボールとの距離を一定(同じ)にすると、なぜナイスショットの確率が高くなるのか?

ゴルフのアドレスの基本については、ゴルフのアドレスの基本は?守るべき順序と重要な4つのポイント!で解説しています。

 

アドレスにおいて、ボールとの距離を毎回一定(同じ)にすることはとても重要です

これができれば、ナイスショットの確率を上げることができるのです。

 

その理由は、アドレスでボールとの距離を毎回一定(同じ)にすると、毎回同じスイングができるようになり、ミート率が上がるからです。

 

アドレスでボールとの距離を一定にする方法

では、どうしたらアドレスでボールとの距離を毎回一定(同じ)にすることができるのでしょうか。

そのポイントは2つあります。

 

それは、

  1. 股関節から曲げて上半身を前傾させた状態から、両手の腕を重力に任せて肩から自然に下ろす
  2. 両足の裏の『中指』と『かかと』の4ヶ所に均等に体重をかける

ことです。

 

行う内容はこの2点だけなのですが、

①についてアドレスの度に同じ構えができずに『両腕を重力に逆らって体から離している』または、『両腕を重力に逆らって体に近づき過ぎている』方がいます。

 

重力に逆らってアドレスすると、バックスイング時とダウンスイング時で意識してボールを当てにいかないとボールに当たらない軌道を通ってしまうのです。

いわゆる、意識して当てるスイングをしないといけなくなるのです。

これでは、再現性が低くなり、ナイスショットの確率が低くなっていまいます。

 

また、

②については、『つま先側に体重をかけましょう』または、『かかと側に体重をかけましょう』と教えるゴルフレッスン書があります。

 

ところが、

つま先側に体重をかける度合いがちょっと変わるだけでボールとの距離も変わるので、スイングをする度に軌道が変わってしまう可能性があります。

同様に、かかと側に体重をかける度合いがちょっと変わるだけボールとの距離も変わるので、スイングをする度に軌道が変わってしまう可能性があります。

 

練習時間が多いプロゴルファーであれば、これでも問題ありません。

 

しかし、

練習時間が少ないアマチュアゴルファーにとって『つま先体重』や『かかと体重』は、再現性が低くなり、ナイスショットの確率が低くなってしまうアドレスなのです。

 

アマチュアゴルファーは、再現性が高い両足の裏の『中指』と『かかと』の4ヶ所に均等に体重をかけるアドレスをオススメします。

 

チェック方法

両手の腕を重力に任せて肩から自然に下ろすことができているかチェックする方法があります。

アドレスが完了したら、右手をグリップから離して、重力に逆らわないように、肩から右腕を自然におろしてみてください。

このとき、グリップした時と同じ位置になっていますか?

前後どちらかにズレていたら、「正しくアドレスができていない」ということがわかります。

 

また、

両足の裏の『中指』と『かかと』の4ヶ所に均等に体重をかけるアドレスになっているかチェックする方法は、特にありません。

自分の感覚で4ヶ所に均等に体重がかかっていることを意識するだけで十分です。

これをアドレスの時に必ず意識するようにしましょう。

 

まとめ

アドレスでボールとの距離を毎回一定(同じ)にする方法は、

  1. 股関節から曲げて上半身を前傾させた状態から、両手の腕を重力に任せて肩から自然に下ろす
  2. 両足の裏の『中指』と『かかと』の4ヶ所に均等に体重をかける

の2点だけです。

簡単で誰でもできる内容ですので、ぜひ実践してみてください。

 

アドレス時の体重のかけ方については、ゴルフのアドレス時の体重はつま先側とかかと側のどっちがいいの?でも解説しています。

こちらでも、とても重要なことを解説していますので、よろしかったらご覧くださいね。

このブログでは明かすことができなかった、もっとシンプルで再現性が高いゴルフスイングをメルマガで公開中!

それを実践すると・・

● 1日10分の練習で3ヶ月でシングルレベルのゴルフスイングが身につきます

● 諦めていたスイングの悪い癖が直せます

そしてさらに・・

ゴルフが上達する過程で、ビジネスで活躍できる素養も身につきます!

その理由もメール講座で公開しています!

よろしかったらコチラをご覧ください↓↓

今すぐ無料メール講座に参加する



コメントを残す