確実にナイスショットの確率を上げゴルフのスコアアップをする方法

ゴルフスイング、練習

ナイスショットの確率を上げるために、アマチュアゴルファーのみなさんは、日々練習に励んでいると思います。

なのに、ゴルフスコアがあるところからなかなか減らなくなっていませんか?

こんな悩みを解決するために、確実にナイスショットの確率を上げ、ゴルフのスコアアップをする方法について話していきますね。

 

なぜ、練習を繰り返しているのに、ゴルフのスコアがよくならないのか?

なぜ、練習を繰り返しているのに、ゴルフのスコアがよくならないのでしょうか?

 

ナイスショットの確率を上げるためのゴルフスイングの基本は、一言で言うと

体の軸をブラさないようにスイングエネルギーをボールに伝える

ことです。

 

言葉で言うのは簡単なのですが、これを実現するために、

体のどこをどのように意識して動かせばいいのか

というのがとても難しいのです。

 

プロゴルファーは、子供の頃から練習を積み重ねていくうちに、本能的に、感覚的に、体が無意識に動くようになっていきます。

だから、プロゴルファーに「どのようにスイングしていますか?」と質問しても、

  • 何も意識していません
  • 手や腕を意識しないようにスイングしています
  • 体の回転だけ意識してスイングしています

というように、様々な回答が返ってきます。

 

これを真に受けて練習し続けているアマチュアゴルファーがほとんどなのですが、大人になってゴルフを始めたアマチュアゴルファーは、なかなか練習時間や練習量を多くすることができません。

だから、練習量の違いによってスコアは多少違ってきますが、ほとんどのアマチュアゴルファーは、いつまでたっても100前後をウロウロしているのです。

 

では、プロゴルファーは本当に

  • 何も意識せずにスイングしているのでしょうか?
  • 手や腕を意識せずにスイングしているのでしょうか?
  • 体の回転だけを意識してスイングしているのでしょうか?

実際はそんなことはありません。

その証拠に、プロゴルフトーナメントのテレビ中継などを見ていただくとわかるのですが、プロゴルファーは打つ前に、必ず打ちたいボールの弾道をイメージして何度も素振りをしています

この素振りでは、自分の意識する体の部位を決めて、どのように動かすのかリハーサルしているのです。

 

プロゴルファーでさえ、このようなことを行っているのに、アマチュアゴルファーが何も意識せずにスイングしても、ナイスショットの確率を上げることができるはずはありません

 

ナイスショットの確率を上げるためにどうすればいいのか?

では、我々アマチュアゴルファーは、ナイスショットの確率を上げるためにどうすればいいのでしょうか?

 

それは、一言で言うと「正しいゴルフスイング動作を身につける」ことなのですが、正しいゴルフスイング動作ができるようになるためには体のどこの部位をどのように動かすのかを覚えることが必要なのです。

ここでわかっておいていただきたいのは、「体のどこの部位をどのように動かすのかは、ゴルファーのレベルによって少し違う」ということです。

 

ゴルフクラブを振ったことがないゴルフ初心者の方は、体のどこの部位をどのように動かせばどうなるのかが全くわかっていません。

だから、初心者の方はまずはゴルフスイングの基本動作を身につける必要があります

 

一方、ゴルフスイングの基本動作を身につけたレベルのゴルファーは、「もっと飛ばしたい」「もっとスコアをアップしたい」という願望がでてくると思います。

その場合、スイングの基本動作において体のどこの部位をどのように動かすのかというのと、「もっと飛ばす」「もっとスコアをアップする」ためのスイング動作において体のどこの部位をどのように動かすのかというのとでは、意識する体の部位が変わってくるのです。

このことはとても重要なことなので、しっかり覚えておいてください。

 

では、スイングの基本動作もっと上のレベルのスイング動作は全く違う動作のか?というと、そうではありません

 

まず、スイングの基本動作については、僕のブロクの中で部分的に解説しています。

そして、無料メール講座の最短で100を切るためのゴルフスイングマスター講座では、スイングの基本動作の集大成として、もっとポイントを絞って、よりシンプルな体の動きになるように解説しています。

 

ここで解説しているスイングの基本動作を身につけると、もっと上のレベルのスイング動作はその応用動作になるので、スイングの基本動作が無駄になることはありません。

逆に、スイングの基本動作をしっかり身につけておかなければ、もっと上のレベルのスイング動作を身につけることはできません。

 

スイングの基本動作は、必須のスイング動作なのです。

スイングの基本動作を身につけることにより、意識して動かす体の部位とその動かし方を変えるだけで、様々なショットに対応できるスイングができるようになるのです

 

スイングの基本動作を身につけることができると、意識して動かす体の部位とその動かし方を変えるだけで、

  • 飛ばすためのスイング動作
  • 距離をコントロールしたいスイング動作
  • 様々なトラブルショットに対応したスイング動作
  • 様々なアプローチショットに対応したスイング動作

ができるようになるのです。

これらの詳細については、【上級編】90切り!ゴルフスイングの再現性と方向性を高める方法(準備中)で解説していますので、よろしかったらご覧くださいね。

 

まとめ

我々アマチュアゴルファーがナイスショットの確率を上げるためには、

まず、ゴルフスイングの基本動作を身につけることが最も重要です。

その上で、さらに上のレベルのスコアを出すために応用動作を身につけることです。

 

このように基本動作から段階的に上のレベルのスイング動作を身につけることで、必ず確実にスコアを縮めることができるようになりますので、是非チャレンジしてくださいね!

このブログでは明かすことができなかった、もっとシンプルで再現性が高いゴルフスイングをメルマガで公開中!

それを実践すると・・

● 1日10分の練習で3ヶ月でシングルレベルのゴルフスイングが身につきます

● 諦めていたスイングの悪い癖が直せます

そしてさらに・・

ゴルフが上達する過程で、ビジネスで活躍できる素養も身につきます!

その理由もメール講座で公開しています!

よろしかったらコチラをご覧ください↓↓

今すぐ無料メール講座に参加する



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください