ゴルフ練習場でのナイスショットが、なぜコースでは打てないのか?

ゴルフ、ミスショット

ゴルフ練習場に毎週、熱心に通って練習して、そこそこナイスショットが打てるようになったのに、コースに出ると、なぜかミスショットの連発・・

あなたは、こんなゴルフをしていませんか?

 

では、どうしたらゴルフ練習場と同じように、コースで打てるようになるのでしょうか?

このことについて、お話したいと思います。

 

ゴルフコースでミスショットがでる理由

ここでは、

ゴルフ練習場に毎週、熱心に通って練習して、そこそこナイスショットが打てるようになった方を前提に話をしていきます。

 

ゴルフ練習場とコースとの違いは何があるのでしょうか?

  • ゴルフ練習場はライがフラット
  • ゴルフコースはフラットなライはほとんどない
  • ゴルフ練習場では同じクラブで続けて何回も打てる
  • ゴルフコースでは同じクラブで続けて打つことはほとんどない
  • ゴルフ練習場では緊張しない
  • ゴルフコースでは緊張する(特にスタートホールの1打目)

 

ゴルフコースでは打ち直しができずに、1打1打の積み重ねでスコアが決まるので、精神的なプレッシャーがあります。

特に、コンペでのスタートホールのティショットは、まわりの視線もあるので、特に緊張します。

だから、ゴルフ練習場で行っている、いつもどおりのスイングができなくなってしまうのです。

 

ゴルフ雑誌などでは、

ゴルフコースに出たら、何も意識せずにいつもどおりのスイングをしましょう!

などと書かれています。

 

その一方で、市販のゴルフレッスン書で解説されているスイング動作は、身につけなければいけない動作やチェックポイントが多いのです。

だから、市販のゴルフレッスン書に書かれてるゴルフスイング動作を身につけて、無意識にそのスイングができるようになるためには、相当な練習時間が必要です。

 

プロゴルファーみたいに、長時間練習が確保できる方であれば、それが可能かもしれません。

 

でも、仕事が忙しいアマチュアゴルファーの方は、練習時間が限られているので、身につけなければいけないスイング動作やチェックポイントが多いと、それを身につけるのは難しいでしょう。

また、そのスイングを無意識にできるようになるのはもっと難しいでしょう。

 

だから、せっかくゴルフレッスン書でスイング動作を学んでも、ゴルフコースで再現することができないのです。

 

しかも、ゴルフ練習場では、2~3回に1回は打てるかもしれませんが、ゴルフコースでは打ち直しができないので、ミスがそのままスコアにつながります。

 

 

どうしたらゴルフコースでもナイスショットが連発するようになるのか?

では、練習時間が少ないアマチュアゴルファーが、どうしたら、ゴルフコースで打ち直しをしなくてもナイスショットが連発するようになるのでしょうか?

 

そのためには、

  • シンプルなスイング動作
  • 再現性が高いスイング動作

この2つを満たすスイング動作を身につければいいのです。

 

シンプルなスイング動作』とは、意識して動かす部分ができるだけ少ないスイング動作です。

再現性が高いスイング動作』とは、毎回ナイスショットが打てるスイングができるスイング動作です。

 

そんなスイング動作を身につけるための無料の基礎講座をこちらでご案内しています。

安定して100を切るためのメール講座

 

市販のゴルフレッスン書には、決しては書かれていない内容です。

 

無料ですので、この機会に気軽に見ていただきたい内容です。

 

この講座で身につけたスイング動作だと、どうしてゴルフコースでナイスショットが打てるようになるのか?

 

その理由は、

この講座で解説するスイング動作は、無意識にスイングを行うものではないからです。

この講座で解説するスイング動作は、ある体の部位を意識して動かすからなのです。

ある体の部位を意識して動かすことで、毎回、何度でも同じスイングができるのです。

 

しかも、

意識して動かす体の部位が少なくしかもその動かし方がシンプルであるため、誰でもすぐに覚えられて、誰でも実践できるスイング動作なのです。

 

だから、ゴルフ練習場で行うスイング動作とまったく同じようにスイングができるようになるのです。

 

そして、

動かす体の部位に意識がいくため、周りが気にならなくなり、スイングに集中できるので、緊張もしなくなります

 

あとは、

  • ライに応じたクラブ選択

  • ライによってどのようなボールが出るのか

を覚えておけばいいのです。

 

例えば、つま先下がりのライであれば、スライスが出やすいので、あらかじめ構えるスタンスの方向をターゲットより左よりに構えればいいのです。

そして、フラットでないライでは、絶対フルスイングをせずに7~8割のスイングをする意識で打つのです。

 

このようなことを覚えておくべきパターンはそう多くありませんので、誰でも覚えられます。

 

 

まとめ

ゴルフコースでもゴルフ練習場のようにナイスショットを連発するために身につけるのは、

  • シンプルなスイング動作
  • 再現性が高いスイング動作

です。

これを身につけるために、ぜひ安定して100を切るためのメール講座を受講してみてください。

 

そして、

  • そこで覚えたある体の部位を意識して動かす
  • フラットではないライでの打ち方を覚える
  • フラットではないライでは7~8割のスイングをする

を実践してください。

 

そうすれば、ゴルフコースでもゴルフ練習場のようにいつもナイスショットが打てるようになりますよ!

このブログでは明かすことができなかった、もっとシンプルで再現性が高いゴルフスイングをメルマガで公開中!

それを実践すると・・

● 1日10分の練習で3ヶ月でシングルレベルのゴルフスイングが身につきます

● 諦めていたスイングの悪い癖が直せます

そしてさらに・・

ゴルフが上達する過程で、ビジネスで活躍できる素養も身につきます!

その理由もメール講座で公開しています!

よろしかったらコチラをご覧ください↓↓

今すぐ無料メール講座に参加する



コメントを残す