ゴルフスイングで意識して肩を回してはダメ!速くスイングする方法

ゴルフスイング、肩回転

ゴルフスイングにおいて、「しっかり肩を回しましょう」とか「肩を速く回しましょう」と解説しているゴルフレッスンがあります。

ところが、意識して肩を速く回そうとしても、思うように速く回すことができません。

実は、意識して肩を回そうとしなくても、ある動作を行うことで、無意識に肩を回すことができるのです。

しかも、ある動作を速く行うことで、簡単に肩を速く回すことができるのです。

 

その方法について、詳しく解説していきますね。

 

なぜ肩を速く回す必要があるのか

そもそも、なぜ肩を速く回す必要があるのでしょうか?

理由は2つあります。

 

一つ目の理由は、

肩を速く回すことで『スイングスピードを上げる』ことができ、その結果、ヘッドスピードも上がり、飛距離が出るからです。

 

二つ目の理由は、

肩を速く回すことで、体の中心に回転軸ができ、スイングが安定するようになるからです。

 

肩はどうやったら速く回すことができるのか

人間の体は、ある体の部位を速く動かそうと意識すればするほど、体に力が入ってしまい、逆に速く動かせなくなってしまうのです。

だから、肩を速く回すためには、肩を意識して速く回そうとしてはいけません

 

では、どうやったら肩を速く回すことができるようになるのでしょうか?

その答えは、

  • 肩は意識せずに肩以外の体の部位を意識して動かす
  • できるだけ体の中心に近い部位を意識して動かす
  • 重力を利用して、上下動の動きを意識する。
  • 直線的な動きをする

のです。

具体的にどのような動作を行えばいいのか?

 

その答えは、

体の中心に近い「腕のつけ根」を直線的な動きで上下動させる

のです。

その動画がコチラです。

 

腕のつけ根の動かし方については、安定して飛距離が出るゴルフスイング!上半身の基本動作の練習方法で解説しています。

ここでは、ポイントを解説します。

 

バックスイングでは、両手にはゴルフクラブのグリップを握っているイメージで、右利きの場合、

  • 右手は、右腕のつけ根ボールから遠ざかる方向に引き上げながら外旋させる(時計回りに回す)。
  • 左手は、左腕のつけ根ボールに近づく方向に押しつけ(下ろし)ながら外旋させる(反時計回りに回す)。

のです。

 

ダウンスイング~インパクトでは、両手にはゴルフクラブのグリップを握っているイメージで、

  • 右手は、右腕のつけ根ボールに近づく方向に押しつけ(下ろし)ながら内旋させる(反時計回りに回す)。
  • 左手は、左腕のつけ根ボールから遠ざかる方向に引き上げながら外旋させる(時計回りに回す)。

のです。

 

これらの動きに、肩を意識するところはどこにもありません

しかも、両腕のつけ根を直線的に動かすだけです

肩の回転動作を意識する必要もありません

 

その結果、肩の動きを全く意識しなくても、動画のようにダウンスイング~インパクトで肩を速く回すことができるのです。

早速試してみてくださいね!

このブログでは明かすことができなかった、もっとシンプルで再現性が高いゴルフスイングをメルマガで公開中!

それを実践すると・・

● 1日10分の練習で3ヶ月でシングルレベルのゴルフスイングが身につきます

● 諦めていたスイングの悪い癖が直せます

そしてさらに・・

ゴルフが上達する過程で、ビジネスで活躍できる素養も身につきます!

その理由もメール講座で公開しています!

よろしかったらコチラをご覧ください↓↓

今すぐ無料メール講座に参加する



2 件のコメント

  • 左右の腕の付け根を交互させる理論に初めて出会えました。早速練習します。歴40年のレフティです。有難いです。

    • 川崎さん、コメントありがとうございます。ショーンです。

      腕のつけ根を意識して内旋、外旋させることで、無意識に脇が締り、スイングが安定してくると思います。
      不明な点などありましたら、遠慮なく質問をどうぞ!

  • コメントを残す