ゴルフのショットでミート率を上げる方法!アドレス2つのポイント

ゴルフ、アドレス

「ゴルフ練習場でたくさん練習しているのに、ミート率が悪く、ナイスショットがなかなか出ない」

と悩んでいませんか?

 

ミート率が悪くなる根本の原因がわかっていないと、いっぱい練習しても、残念ながらいつまでたってもナイスショットを打てるようになりません。

 

そこで、まずはミート率が悪くなる根本の原因についてお話し、次に、どうしたらミート率がアップするのか、お話していきましょう。

 

ミート率が悪くなる根本の原因とは?

ミート率が悪くなる原因が、スイング動作そのものにあると思っていませんか?

当然、変なスイングをしていてはミート率が悪くなるのは間違いありません。

 

でも、「スイングはそこそこいいと言われているのだけど、ミート率がよくならない」方は意外と多いのです。

 

そもそもミート率が悪くなるのには、もっと根本的な原因があるからです。

それは、アドレスです。

 

ボールを当てにいくアドレス」をしてしまうと、ミート率は下がってしまいます。

ボールを当てにいくアドレス」とは、重力に逆らって構えるアドレスのことです。

 

重力に逆らって構えるアドレスかどうかを確認する方法があります。

 

まず、ゴルフクラブを持ってアドレスした時の腕の位置を覚えておいてください。

 

次に、ゴルフクラブを手から離してください。

そして、腕全体の力を抜いた時に、手の位置が動いたら、重力に逆らって構えていることになります。

 

アドレスした位置から手が体に近づいたら、重力に逆らって体から離れ過ぎていることになります

 

逆に、

アドレスした位置から手が体から離れたら、重力に逆らって体に近づき過ぎていることになります

 

ゴルフスイング軌道は、重力が大きく影響します

 

アドレスで、重力に逆らった手の位置でクラブヘッドをボールの位置に合わせても、スイングをする時にどうしても重力方向に手が下りていくので、インパクト時にクラブヘッドがボールがある位置に降りていかないので、ミート率が悪くなるのです。

 

ミート率がよくなるアドレスとは?

ミート率がよくなるアドレスとは、「ボールに当たるアドレス」をしていることです。

ボールに当たるアドレス」とは、「ボールを当てにいくアドレス」とは逆で重力に逆らわずに構えるアドレスのことです。

 

重力に逆らわずに構えるアドレスかどうかを確認する方法があります。

 

まず、ゴルフクラブを持ってアドレスした時の腕の位置を覚えておいてください。

 

次に、ゴルフクラブを手から離してください。

そして、腕全体の力を抜いた時に、手の位置が動かずにアドレスの時と同じ位置にあれば、重力に逆らわないアドレスができていることになります。

 

ゴルフスイングは、重力が影響が大きいのです。

 

ミート率を上げるためにもう1つアドレスの時に意識しておきたいこと

そして、ミート率を上げるためにもう1つアドレスの時に意識しておきたいことがあります。

それは、アドレスの時に、ボールではなく、打ち出し方向(ボールを打ちたい軌道)をイメージして構えに入ることです。

 

ボールの弾道をイメージして構えに入るだけで、ミート率が上がりますので、アドレスの時にぜひ意識してみてください。

このブログでは明かすことができなかった、もっとシンプルで再現性が高いゴルフスイングをメルマガで公開中!

それを実践すると・・

● 1日10分の練習で3ヶ月でシングルレベルのゴルフスイングが身につきます

● 諦めていたスイングの悪い癖が直せます

そしてさらに・・

ゴルフが上達する過程で、ビジネスで活躍できる素養も身につきます!

その理由もメール講座で公開しています!

よろしかったらコチラをご覧ください↓↓

今すぐ無料メール講座に参加する



コメントを残す