方向性が良くなる再現性が高いゴルフスイングは左手主導がいい!

ゴルフスイング

ゴルフのスイングにおいて、左手主導か右手主導かについては賛否両論あり、「合う合わない」という好みや、感覚の違いがありますので、どちらが正しいかというのはないと思います。

特に、プロゴルファーは子供の頃から始めた方が多いので、そうなると、子供の時にどちらを主導でスイングしてきたかによって決まってしまいます。

 

では、アマチュアゴルファーの中で、

  • ゴルフを始めて間もない方
  • 経験年数は長いが、スイングを試行錯誤している方
  • 練習量が少ない方

は、右利きの場合、僕は左手主導をオススメします。

(左利き(レフティ)の方の場合は、右手主導になりますが、この後のお話は、右利きの方を前提にお話していきます。)

 

その理由について、お話していきましょう。

 

左手主導の方が方向性が良くなる

なぜ、左手主導がいいのか?

それは、一言で言うと方向性が良くなるからです。

飛距離を重視するのであれば、右手主導がいいのかもしれません。

 

しかし、ゴルフというスポーツは、できるだけ少ないスコアで上がることを競うスポーツです。

ということは、できるだけミスを減らした方がいいのです。

ミスを減らすには、方向性を良くする方が有利になります

だから、方向性が良くなる左手主導がいいのです。

 

なぜ、左手主導の方が方向性が良くなるのか?

なぜ、左手主導の方が方向性が良くなるのでしょうか?

それには、いくつか理由があります。

 

左手の方がスイング軌道の再現性が高くなる

右利きの人は、左手より右手の方が細かく自由に動かしやすいと思います。

逆に、左手を細かく自由に動かすことが難しいと思います。

その左手の不器用な特性により、大きな動きの再現性が高くなるのです。

 

左手主導の方がインパクトまでのヘッド軌道を一定にしやすい

ミート率を上げるには、インパクトまでのヘッド軌道を一定にする必要があります。

そのためには、右手と左手どちらがヘッド軌道が一定になりやすいのか考えてみましょう。

 

プロゴルファーのスイング動画を見ていただくとわかりますが、どのスイング動画を見ても、スイングを開始してからインパクト直前までは、左ひじは伸びたままですが、右ひじは曲がった状態が続きます

曲がったひじの角度を一定にするのは難しいですが、ひじが伸びたままの状態を維持するのは難しくないですよね。

そうなると、スイング中のクラブヘッドの軌道を一定にするためには、左手を主体的に意識して使った方がいいのがわかると思います。

 

右手主導だとインパクトで上半身が開きやすくなる

ゴルフレッスンでは、「インパクトでは右肩を前に出してはいけません」とか「インパクトでは右肩が突っ込まないようにしましょう」と指導されることがあります。

これは、インパクト時に上半身(胸)が開かないように(ターゲット方向に胸が向かないように)するための指導です。

インパクトでは、上半身が開かずにボールや地面を向いていると、ボールの弾道の方向性が良くなります。

 

ですが、右手主導でスイングすると、インパクトで上半身が開きやすくなります

インパクトで上半身が開いていると、スライスか引っかけのどちらも出る可能性があり、方向性が悪くなります。

一方、左手主導でスイングすると、インパクトで上半身が開きにくくなり、方向性が安定します

だから、左手主導でスイングした方が、ボールの弾道の方向性がよくなるのです。

 

まとめ

今回お話したことを参考に、自分は左手主導が合うのかで試してみてくださいね。

きっと、いろんな気づきもでてきて、ゴルフスイングことがもっとわかってくると思いますよ!

このブログでは明かすことができなかった、もっとシンプルで再現性が高いゴルフスイングをメルマガで公開中!

それを実践すると・・

● 1日10分の練習で3ヶ月でシングルレベルのゴルフスイングが身につきます

● 諦めていたスイングの悪い癖が直せます

そしてさらに・・

ゴルフが上達する過程で、ビジネスで活躍できる素養も身につきます!

その理由もメール講座で公開しています!

よろしかったらコチラをご覧ください↓↓

今すぐ無料メール講座に参加する



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください